有限会社 共和印刷 Windows DTPの共和印刷(大阪) 各種印刷・制作から自費出版まで サイトマップ 会社案内 HOME Tel:06-6455-8961
HOME > 共和印刷まるごとQ&A > 入稿時のご注意

入稿時のご注意

入稿時のご注意共和印刷(大阪)に各種データをご入稿いただく際の注意点についてご説明します。
以下にイラストレーター・フォトショップ・ワード・エクセル・InDesignなどで制作したデータに関する留意点を掲載しておりますので、データを制作される際、またはご入稿前に必ずご一読ください。

また、当社は通常印刷会社が苦手とする「ウィンドウズデータによる入稿」(ウィンドウズ入稿のメリット 参照)を得意としています。Windows DTPデータの印刷なら、ぜひ当社にお任せください!

イラストレーターデータ

イラストレーターで制作したデータをご入稿いただく際には、以下の点にご留意ください。

  • バージョン9.0形式で保存しているものが望ましいですが、CS6まで対応可能です。
  • 仕上がり時、複数面にわたり印刷が必要なページもののデータを作成する場合、1ファイルで1面(頁)ごとデータを作成して下さい。
  • 全てアウトライン処理を行って下さい。
  • 画像データがある場合は、「埋め込み」で配置処理をしてください。また、画像データも必ず一緒に入稿してください。
  • データのバックアップを必ず取っておいてください。

フォトショップデータ

フォトショップで制作したデータをご入稿いただく際には、以下の点にご留意ください。

  • バージョン6.0形式でしているものが望ましいですが、CS6まで対応可能です。
  • 同一データ上に特色とCMYKが共存しないように制作してください。
  • 特色、淡い色合い、中間色などは、最終的な印刷方式によって色の再現性が変わる可能性があります。

事前にお打ち合わせのうえ、お客様にとって最善の方法で進めさせていただきますので、必ずご確認ください。

  • 紙面に使用する写真をデジカメなどで撮影される場合、画像解像度はカラー・グレースケールともに350dpi程度が必要です。

その他、アプリケーションによるデータ

イラストレーター・フォトショップ以外で制作したデータをご入稿いただく際には、以下の点にご留意ください。

  • ワードやエクセルに画像を貼り付けている場合、画像データも必ず一緒にお送りください。
  • エクセルで作成した表をワードに貼り付けている場合、作成元のエクセルデータを必ず一緒にお送りください。
  • 罫線をご使用になる場合、極細な線のご使用はあまりおすすめできません。周りとのバランスにより、線が細く見えたり、薄く見えたりしてしまいます。当社にて組版データを作成する場合は特別の指示がない限り、表罫は0.28ptを使用しております。ご参考ください。

いずれの場合も必ずデータのバックアップ(複製)を取ったうえで、ご入稿ください。
その他、入稿にあたってご不明な点がありましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ